リフォーム フリークス

リフォーム フリークス

断熱効果を上げる窓のリフォーム

断熱効果を上げる窓のリフォーム

冷暖房の効果はエアコンやヒーターといった設備の機能だけでなく、建物の断熱仕様によって大きな差が出ます。壁や床に断熱材を入れるのは当然ですが、それだけでは断熱効果を十分上げることはできません。熱を通しやすい窓やドアの断熱性が問題となります。特に透明度を求められる窓は断熱が難しいでしょう。この記事では、窓の断熱効果を上げるリフォーム方法について解説します。

樹脂サッシを活用する窓のリフォーム

樹脂サッシを活用する窓のリフォーム樹脂サッシは、塩化ビニール樹脂をフレームに使用した窓サッシです。気密性が高く、断熱材として世界中で利用されています。樹脂サッシを用いた建物の室温は、一般的なアルミサッシに比べると夏場で2度低く、冬場は4度高いという調査結果も出ています。断熱効果が高いほか、結露しにくいためカビの発生を防ぐことができ、防音効果も認められる点が樹脂サッシのメリットとして挙げられるでしょう。ただし、アルミサッシより若干高価で、一軒家の窓を全て樹脂サッシにリフォームするとなると相当の出費が必要です。

ペアガラスに換える窓のリフォーム方法

一重窓は熱を通しやすく、カーテンをしていてもあまり断熱効果は期待できません。そこで、窓を二重にすると断熱効果が格段に上がります。市販のペアガラスは、2枚のガラスの間に閉じ込められた空気が断熱材の役割を果たします。空気は非常に高い断熱効果をもたらすことから、寒冷地などの家屋ではペアガラスが欠かせません。防音性にも優れており、隣室の生活騒音をシャットアウトできます。一重窓を全てペアガラスに交換するリフォームはお金がかかるため、一重窓にもうひとつ窓枠を付けて新たに窓ガラスを入れるというリフォームの方法もあります。より簡易な方式として、ガラスの代わりにポリカーボネートをはめ込む手法も断熱効果を上げる上で有効です。

冷暖房の効率化を図るにはます窓のリフォームを考えよう

建物において熱や音が最も通過しやすい部分は、一重のガラス窓です。一重のガラス窓のままでは密閉性が低く、どんなに冷暖房効果の高い設備を導入しても、冬場は熱が室内から逃げ、夏場は外部から熱が流入するため、冷暖房効果が半減してしまうでしょう。樹脂サッシやペアガラスを利用したリフォームを施せば、窓の断熱性が格段に上がり、冷暖房の効率化を図れます。ぜひ導入を検討してみてください。

スケルトンリフォームで思いのまま全面リフォームを

スケルトンリフォームで思いのまま全面リフォームを

人気の高いリフォームの一つとして、スケルトンリフォームという言葉を聞くことが増えたという人も多いのではないでしょうか。では、具体的にどんなリフォームなのでしょうか。ここでは、工事を行うことによるメリット・デメリット、工期や費用はどれくらいかかるのかをご紹介していきますので、自宅のリフォームを検討するときの参考にしてください。

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは?

スケルトンリフォームとは、住宅の内装や設備をすべて取り外して行う大掛かりなリフォームのことで、別名フルリフォームとも呼ばれています。マンションと一戸建てでは範囲が異なり、マンションの場合はコンクリートの地肌が見えるところまで撤去してから行われることを指す言葉です。対して、一戸建ての場合は基礎・梁・柱といった建物のベースとなる部分だけを残し、屋根や外壁も含めて撤去してから行う工事のことを指します。

スケルトンリフォームのメリット・デメリット

スケルトンリフォームのメリット・デメリットスケルトンリフォームのメリットは、自分たちの好きな間取りに変えられることです。また、耐震補強や断熱防音対策、劣化した配管を新品に交換するなどの工事もできます。建物の面積をそのままに、ほぼ新築と同様に変えられるのもメリットです。しかも、新築や建て替えに比べてコストを抑えて工事できます。対して、デメリットは他のリフォーム工事よりも工期や費用がかかる点と仮住まいが必要になる点です。すべての設備を取り外して工事をするため、住めなくなりますから、仮住まいとしてマンションなどを借りる必要があるでしょう。

スケルトンリフォームにかかる工期・費用

スケルトンリフォームの場合、工期は一般住宅の新築工事と同じくらいかかります。打ち合わせ・設計・契約・着工・引き渡しまで平均的にマンションなら3か月、一戸建ての場合は4か月程度と考えた方が良いでしょう。最短の場合は2か月と言われることもありますが、全面リフォームであるため、短期間で行えるものではありません。なお、費用に関しては坪単価で紹介しているところが多いです。マンションの場合は1坪当たり15万円から25万円前後、一戸建ての場合は30万円から70万円と設定しているところもあります。

複数の会社から見積もりをもらおう

スケルトンリフォームはとても大きな工事である以上、多くの費用がかかります。リフォームの経験が豊富で信頼性の高い業者を複数社確認し、希望するスケルトンリフォームについて相談し、見積もりをもらいましょう。複数の企業から見積もりをもらって家族と相談し、わからないところは業者に質問をして、納得できる業者に依頼することをおすすめします。